FEVDES BLOG

自分の経験をシェアしたい。Webデザインのテクニック&効率化。

Photoshop WEBデザイン

PhotoShopでよく使うフォントを素早く変更する方法

投稿日:

PhotoShopでフォントを変更するのは面倒です。
特に欧文だと、最初からインストールされているフォントが多くて選択するだけで時間がかかってしまいます。

私の場合は、フォントをアクションに登録しておき、
すぐに変更できるようにしています。

SPONSORED LINK

フォントをアクションへ登録する方法

今回は、Helveticaをアクションへ登録してみます。

テキストを入力

01

キャンバスにテキストツールを使い、文字を入力します。
今回は小塚ゴシックで入力しています。

アクションに「新規セットを作成」をつくる

02

「ウインドウ」 > 「アクション」で「アクション」を表示させます。
(1)「新規セットを作成」をクリックし、
アクションにフォント用のセットを作成します。
今回は名称を「フォント設定」にします。

新規アクションを設定

02

(2)「新規アクションを設定」をクリックします。

名称をつける

04

(3)名称を「Helvetica」にします。

「Helvetica」を選択

05

(4)テキストを選択し、(5)「Helvetica」を選択します。
(6)アクションに登録されているのがわかります。
登録されていない場合は(7)「記録開始」が選択され、
赤くなっているか確認してください。

アクションを停止

07

(8)「作成/記録を中止」をクリックし、アクションを停止します。
これで、アクションへの登録が終わりました。

フォントを適用

08

今後は、作成した(9)「Helvetica」を選択し、(10)「選択項目を再生」をクリックすると
一瞬で「Helvetica」に変更されます。

まとめ

09

よく使うフォントをアクションに登録しておくことで、
フォントを選択する手間が省け、
制作スピードがあがります。

PR

PR

-Photoshop, WEBデザイン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バナー制作時の文字の組み方のちょっとしたコツ

新人の頃、 「クライアントに『自分でもつくれる』と思われたらダメ」 とよく先輩に言われていました。 クライアントから、 「自分でもパワポやエクセルで作れそう」と思われると デザイナーとして失格というこ …

柔軟なレイアウトをするために参考になった記事

Is your website layout doing more damage than you think? 「変わったレイアウトを」というオーダーをいただくことがあります。 変わったレイアウトが …

配色を計画的にするために便利な「paletton.com」

配色は難しく、いつも悩みます。 ちょっとした色の変化で、大きくイメージもかわるため、計画的に進めていく必要があります。 計画的に配色するために便利なサイトが「paletton.com」です。 pale …

もう間に合わないとは言わない。新人に教えるスケジュールを守るコツ。

デザインやコーディング、プログラムができても、仕事ができないと評価される人がいます。

今からでも間に合う!レスポンシブWebデザイン作り方のまとめ

photo by Scolirk 地方でもマルチデバイス対応を求められることが多くなってきました。 徐々に対応しているところが増えてきたためだと思います。 私も昨年からレスポンシブWEBデザインについ …

PR




人気の記事

プロフィール

KIYOTA
KIYOTA
Webデザイナー / ウェブ解析士
デザインとコーディングと制作現場が大好きなWebデザイナー(Webデザイナー歴13年)
コーポレートサイトを中心に、官公庁・公共施設・メディア・商業施設・不動産など多岐のジャンルのWebサイトを数百件制作。
モットーは「Speed & Quality」。
広範囲な知識・技術・経験を活かした素早い制作が得意。 WACA上級ウェブ解析士。