FEVDES BLOG

自分の経験をシェアしたい。Webデザインのテクニック&効率化。

Webデザイナーの仕事術 仕事効率化 新人向け

Web制作の文字修正の対応時間を減らす工夫

投稿日:

デザインやコーディングしたものに、クライアントから修正依頼があり、その対応でスケジュールが遅れることが多いようです。

修正依頼は、実際に手元にくるまで、作業量が不明な点が多いです。

簡単な修正でも、時間は必要ですし、他のプロジェクトにも影響を与えます。

私が見て経験した中で、修正減らす方法をご紹介します。

校正の時間をスケジュールに組み込む

制作者は、制作することには時間をとりますが、チェックの時間を想定することが少ないようです。
また、スケジュールが苦しくなると、チェックの時間を犠牲にすることが多いです。

チェックの時間を削ることで、品質が落ち、クライアントからの修正に時間がかかり、さらに他のスケジュールが押すという悪循環がよくみられます。

修正そのものは、少しの時間でも、全体でみると多くの時間を失い、クライアントの信頼も失います。

チェック時間を確保するだけで、品質が上がり、修正時間が減り、時間に余裕があれば品質をあげることができます。

校正する

修正の中で圧倒的に多いものは、文字間違い、表記の揺れなどの文字の表記ミスです。

1文字間違っているだけで、クライアントは不信感を募らせます。

文字間違いの大半は、打ち間違い、コピペミスで文末が取れている、画像内の文字が間違っているなど、校正すればすぐにわかるものです。

1つでもミスがあれば、クライアントは、「ついでに、ここも変更してもらおう」と考え、修正だけでなく変更点も追加依頼してきます。
イージーミスであればあるほど、変更依頼が断りづらい心理が働きます。(実際にイージーミスのせいで、クライアントの時間を奪っています。)

ミスを減らすために、よくやっている校正方法は以下の通りです。

印刷してチェックする

アナログですが、印刷して、一文字ごとにチェックしていくことが、結局は一番効率がいいようです。
画面だと文章で読んでしまい、精度が悪いと感じています。

制作者以外にチェックしてもらう

制作した人は、どうしても制作に集中し、客観性が失われるのは仕方ないことです。これは、フローで解決することです。
制作者以外にチェックしてもらうことで、ミスが防げます。

その他

文字間違い以外にも、図やグラフ、アイコン、写真・イラストなどの内容が実際と異なっていることが意外とあります。

  • グラフの割合がおかしい
  • 文章とグラフの単位の表記が違う
  • 和食の説明なのに、アイコンがナイフとフォーク
  • 文章と写真があっていない

このようなケースは、クライアントから指摘されることが多いようです。

クライアントも全てのページをチェックできるわけではないため、制作者側でチェックをすることで、戻しを減らすことができます。

以前、1000ページのコーディングを、外注業者にお願いしたのですが、文字間違いが多く、校正してないと判断したため、全てのページの再校正をお願いしたことがあります。最初から、きっちり校正していれば、お互い苦労することはなかったことを考えると、校正は大事だと思った経験です。

私自身もあまりチェックが得意なタイプではありませんので、他の人にチェックを頼むことで、できる限りイージーミスを減らすようにしています。

PR

PR

-Webデザイナーの仕事術, 仕事効率化, 新人向け

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Webデザイナーで、転職がうまくいかない場合のひとつの方法として

運よく憧れのWebデザイナーになれても、残業続きで条件面も悪く、すぐに退職。転職しても前職と同じような条件で、すぐに退職というループに嵌っていると言う話をよく聞きます。 仕事が大変でも、自分のスキルア …

no image

デザインに疲れたら模写してみる

去年後半はデザイン作業が多く、平均して週に2〜3サイトほどデザインしていた。 デザイン作業は楽しいけど、ずっとデザインしていると、精神的に疲れる。 ずっと考えているので、脳が疲れるという感じ。 アウト …

手書きでメモすることのメリット

一枚のメモのは、どんな天才の記憶力にもかなわない 昔、誰の言葉かわかりませんが、この言葉を聞いてからメモをするようになりました。 (誰が言ったか、ネットで調べてもでてきませんでした(^^;))

商用利用可の無料「Webサイトの利用規約」

Webサイトやサービスを制作する時に 利用規約やプライバシーポリシーに困ることがあります。 そんな時に便利なのが「Webサイトの利用規約」というサイトです。 Webサイトの利用規約 Webサイト用の「 …

Webデザイナーが一週間の仕事の効率を上げるためにやりたい月曜の仕事前の習慣

月曜の朝仕事に行くと、データの整理をするようにしています。 これをやるかやらないかで、一週間の仕事の効率が大きくかわります。

PR




人気の記事

プロフィール

KIYOTA
KIYOTA
Webデザイナー / ウェブ解析士
デザインとコーディングと制作現場が大好きなWebデザイナー(Webデザイナー歴13年)
コーポレートサイトを中心に、官公庁・公共施設・メディア・商業施設・不動産など多岐のジャンルのWebサイトを数百件制作。
モットーは「Speed & Quality」。
広範囲な知識・技術・経験を活かした素早い制作が得意。 WACA上級ウェブ解析士。