FEVDES BLOG

自分の経験をシェアしたい。Webデザインのテクニック&効率化。

ドロワーメニューの「simple-sidebar」の簡単なサンプル

   

01

simple-sidebar

スマホなどの、ドロワーメニューの追加で便利な「simple-sidebar」。
サンプル通りに作っても、つまづいたので、備忘録代わりに簡単なサンプルを作りました。

作り方

今回のデモは下記から確認できます。

デモはこちら

2016013022422618024

JavaScript読み込み

ソースはGitHubの「simple-sidebar」の「download.zip」から、ダウンロードできます。

<head>部分に、jQueryとjQueryUI及び、ダウンロードしてきた 「jquery.simple-sidebar.min.js」を読み込みます。
今回は「js」フォルダ内に「jquery.simple-sidebar.min.js」を置いています。

HTML

HTML部分は以下の通り。

  • 「.header」が固定のヘッダー
  • 「.gNav」がスライドしてくるナビゲーション
  • 「.container」がコンテンツ部分

です。

CSS

CSSでは、ヘッダーの固定をしています。
今回は、「.header__btnMenu」が、メニューのボタンになります。

JavaScript

  • 「$(‘.gNav’)」で、スライドするナビゲーションを指定しています。
  • 「opener」は、スライドを作動させるためのボタンを指定します。今回は、「.header__btnMenu」です。
  • 「wrapper」はコンテンツ部分を指定します。今回は、「.container」です。
  • 今回は、右からナビゲーションをスライドさせたいので「align: ‘right’」を指定しています。右からスライドさせたい場合は、「align: ‘left’」を指定します。

デモはこちら

 - Javascript, jQuery