FEVDES BLOG

自分の経験をシェアしたい。Webデザインのテクニック&効率化。

CSS Javascript wordpress

WordPressに自動でBootstrapのレスポンシブのテーブルのクラスを適用する

投稿日:2016年10月13日 更新日:

SPONSORED LINK

WordPressにBootstrapのレスポンシブのtableクラスである、table-responsiveを適用する方法です。

jQueryを使うことで、ソースを扱わずに済みます。

$(function() {
    $("table").wrap("<div class='table-responsive'></div>");
    $('table').addClass('table table-bordered');
});

特定のタグやクラス内(例えば<article>内)にしたい場合には、
$(“table”)
の部分を
$(“article table”)
にしてください。

addClass(‘table table-bordered’);

でtableクラスとtable-borderedクラスが追加されます。

table-borderedは、任意のBootstrapのクラスに変更しても大丈夫です。

-CSS, Javascript, wordpress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いやされるかわいさの「Simple animating emotions.」

SPONSORED LINK See the Pen Simple animating emotions. by Misha Heesakkers (@MishaHahaha) on CodePen. …

グラフが描画できる「CHARTIST.JS 」

SPONSORED LINK CHARTIST.JS 普段、グラフの描画は、画像が多いかと思います。 動的にグラフを生成する場合には、結構困ることがあります。 「CHARTIST.JS」は、 SVGで …

PDFなど、CSSのみで拡張子によって自動でアイコンを表示する

SPONSORED LINK WordやExcelなどをサイトにアップして、アイコンをつけることは多いと思います。 <a href=”word.pdf” class=&# …

CSSで文字数が可変なインデント(字下げ)をする方法

SPONSORED LINK CSSでインデント(字下げ)をする場合、よく使われるのは、padding-leftとtext-indentを組み合わせたものです。 ただ、文字数が可変する場合、文字ごとに …

CSSのflexプロパティで右寄せ、左寄せ、中央寄せにする方法

SPONSORED LINK CSSのflexプロパティを使うと、均等配置や順番の指定などができ便利ですが、 floatのように、右寄せ、左寄せにしたい場合もあります。

KIYOTA
KIYOTA
Webデザイナー / ウェブ解析士
デザインとコーディングと制作現場が大好きなWebデザイナー(Webデザイナー歴13年)
コーポレートサイトを中心に、官公庁・公共施設・メディア・商業施設・不動産など多岐のジャンルのWebサイトを数百件制作。
モットーは「Speed & Quality」。
広範囲な知識・技術・経験を活かした素早い制作が得意。 WACA上級ウェブ解析士。