FEVDES BLOG

自分の経験をシェアしたい。Webデザインのテクニック&効率化。

コーディング

レスポンシブ用の画像を複数のサイズで自動生成

投稿日:

SPONSORED LINK

01

Responsive Image Breakpoints Generator

レスポンシブWebデザインで、マルチデバイスに対応させる際、読み込む画像のサイズを複数設定したい場合があります。

そんな時に便利なのが、「Responsive Image Breakpoints Generator」です。

画像をアップするだけで、ブレイクポイントにあわせた複数のサイズの画像を生成してくれます。

Responsive Image Breakpoints Generator

03

ブレイクポイントなどを設定します。

02

「UPLOAD FILE」をクリックし、上記の画面へ画像をドラッグしアップします。

04

書き出されたサンプルが表示されます。

05

ダウンロードをクリックすると画像がダウンロードされます。
タグも表示されるので、コピペで済むのが便利ですね!

Responsive Image Breakpoints Generator

-コーディング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MacでAndroid環境をブラウザ検証できる「Genymotion」が超便利

SPONSORED LINK iPhoneしか持ってない場合、Androidの検証に困ります。 そんな場合、 「Genymotion(ジェニーモーション)」を使うと MacでAndroidの検証が手軽 …

AltのチェックにはAlt属性値が表示できる「Web Developer」が便利

SPONSORED LINK サイトを制作していて、Altに何が入っているのかチェックするのは結構大変ですが、私はずっとFirefoxのプラグインのWeb Developerを使っています。 Web …

ワンランク上のコーディングを行うための6冊のオススメ本

SPONSORED LINK HTML/CSSは、初心者でも簡単に使えますが、運用するとなると綿密な設計が必要です。 最近、自分の知識をアップデートするためにいろいろ調べたのですが、知識不足を実感し、 …

100種類以上のGoogleのアイコンがつかえる。Material icons

SPONSORED LINK アイコンを作成するのは大変ですよね。特に大量になると、時間も手間もかかります。 そんな時に便利なのが、Googleの「Material icons」です。 下のアイコンは …

思ったより時間がかかった…初心者がコーディングで時間をロスしない方法

SPONSORED LINK 簡単に見えて以外と奥が深いのがHTML/CSSのコーディング。 今まで5,000ページ以上はコーディングをしてきましたが、未だに些細なことで予想外に時間をとられることはよ …

KIYOTA
KIYOTA
Webデザイナー / ウェブ解析士
デザインとコーディングと制作現場が大好きなWebデザイナー(Webデザイナー歴13年)
コーポレートサイトを中心に、官公庁・公共施設・メディア・商業施設・不動産など多岐のジャンルのWebサイトを数百件制作。
モットーは「Speed & Quality」。
広範囲な知識・技術・経験を活かした素早い制作が得意。 WACA上級ウェブ解析士。