FEVDES BLOG

自分の経験をシェアしたい。Webデザインのテクニック&効率化。

CSS

pxをemや%に変換して一覧にしてくれるサイト

投稿日:

最近は、SASSを使えば、フォントサイズをpxからem/%に変換するのは簡単です。
しかし、以前作ったサイトを更新する際に、フォントサイズの一覧がない場合は、pxからem、%に計算するのが面倒です。

そんなフォントサイズの計算を簡単にしてくれるのが、「PXtoEM.com」です。

2016-01-16 22.19.21

PXtoEM.com PX to EM conversion made simple.

2016-01-16 22.21.10

左の欄の「Select your body font size」から基準のフォントサイズを選択すると、右の欄の「Voilà! Your conversions」に変換されたフォントサイズが、em、%、pointで表示されます。

2016-01-16 22.28.41
24px以上の場合は、直接入力すれば変換されます。

フォントサイズを計算する手間が省けて便利ですね。

-CSS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いろいろな動きのハンバーガーメニュー「Tasty CSS-animated hamburgers」

Tasty CSS-animated hamburgers 最近はスマホサイトだけでなく、PCサイトにも使われるようになったハンバーガーメニュー。 そんなハンバーガーメニューの動きのサンプルを紹介した …

これは便利!ソースとプレビューが見られる「Bootstrap 4 Cheat Sheet」

Bootstrap 4 Cheat Sheet レスポンシブや効率的にコーディングする場合に便利なBootstrapのチートシートです。 ソースコードとプレビューがでるので便利ですね。

アイデアのヒントになる。Swiss Styleを動かしているアニメーション。

Swiss in CSS: animating the International Typographic Styleで、Swiss Styleを動かしているアニメーションが紹介されていました。 Se …

コピペするだけのCSSアニメのジェネレーター「WAIT! Animate」

WAIT! Animate アニメーションは、CSSの方がスピードも速くていいのですが、面倒なのがCSSの指定方法です。 そんな場合に簡単に、CSSアニメーションを作れるのが、「WAIT! Anima …

WordPressに自動でBootstrapのレスポンシブのテーブルのクラスを適用する

WordPressにBootstrapのレスポンシブのtableクラスである、table-responsiveを適用する方法です。 jQueryを使うことで、ソースを扱わずに済みます。 $(funct …

プロフィール

KIYOTA
KIYOTA
Webデザイナー / ウェブ解析士
デザインとコーディングと制作現場が大好きなWebデザイナー(Webデザイナー歴13年)
コーポレートサイトを中心に、官公庁・公共施設・メディア・商業施設・不動産など多岐のジャンルのWebサイトを数百件制作。
モットーは「Speed & Quality」。
広範囲な知識・技術・経験を活かした素早い制作が得意。 WACA上級ウェブ解析士。