FEVDES BLOG

自分の経験をシェアしたい。Webデザインのテクニック&効率化。

Javascript コーディング

サイトで使われているアプリがわかる「Wappalyzer」

投稿日:

SPONSORED LINK

スクリーンショット 2014-09-23 20.43.18

サイトをみていて「どんなプログラムやサーバー、プラグインを使っているんだろう?」と思うことありませんか?

私の場合、サイトのソースコードをみて判断するのですが、
ソースが長かったり、使用しているプラグインの数が多かったりすると面倒だったりします。

そんな時に教えてもらったアドオンがこの「Wappalyzer」。
ChromeやFirefoxのアドオンかブックマークレットで、
サイトで使用しているサーバーやプログラム、プラグインなどが表示されます。

インストール後、「Wappalyzer」アイコンをクリックすると、表示されます。
このサイトでしたら以下の感じで表示されます。

01

WordPressやjQuery、Google Analyticsなどが表示されています。

2

ユニクロだとこんな感じに表示されます。

03

自分で制作したサイトに、Google Analyticsが埋め込まれているか一目で判断できるのは便利な気がします。

全てのサイトで表示されるわけではなさそうですし、おそらく登録されているアプリしか表示されていない感じですが、どんな技術を使っているのかを知るのは制作する場合に役立ちそうです。

-Javascript, コーディング

執筆者:


  1. […] サイトで使われているアプリがわかる「Wappalyzer」 – FEVDES BLOG […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Sublime Textで一行ごとにタグで囲む方法

SPONSORED LINK 長文テキストを流し込んだり、リストタグで囲む場面がよくあります。 Sublime Textで一行ごとにタグで囲む方法です。

no image

見てて楽しいParicleアニメーション

SPONSORED LINK Flashでのリッチコンテンツ隆盛だったころに、パーティクルは憧れでした。 CodePenにあったParicleアニメーション。 やっぱり眺めているだけでも楽しいです。

CSSで大文字/小文字を変換するtext-transformプロパティ

SPONSORED LINK コーディングの案件で、グローバルメニューをデザイン通り、 英語の小文字で作成していたのですが、 最後に大文字にしてほしいという要望がきました。 すでに数十ページ作成したこ …

思ったより時間がかかった…初心者がコーディングで時間をロスしない方法

SPONSORED LINK 簡単に見えて以外と奥が深いのがHTML/CSSのコーディング。 今まで5,000ページ以上はコーディングをしてきましたが、未だに些細なことで予想外に時間をとられることはよ …

レスポンシブ用の画像を複数のサイズで自動生成

SPONSORED LINK Responsive Image Breakpoints Generator レスポンシブWebデザインで、マルチデバイスに対応させる際、読み込む画像のサイズを複数設定し …

KIYOTA
KIYOTA
Webデザイナー / ウェブ解析士
デザインとコーディングと制作現場が大好きなWebデザイナー(Webデザイナー歴13年)
コーポレートサイトを中心に、官公庁・公共施設・メディア・商業施設・不動産など多岐のジャンルのWebサイトを数百件制作。
モットーは「Speed & Quality」。
広範囲な知識・技術・経験を活かした素早い制作が得意。 WACA上級ウェブ解析士。